E-BeC(エンパワリング ブレストキャンサー)とは

 

●「乳房再建手術」への正しい理解の普及と患者さんのQOL向上をめざして

現在、日本人女性のおよそ11人に1人が乳がんにかかり、その数は年々増加しています。手術で患部を摘出することで生命は助かっても、胸の形は大きく変形し、患者さんたちには大きな精神的苦痛が残ります。

「乳房再建(にゅうぼうさいけん)手術」は、手術によって損なわれた乳房の形を取り戻すことを目的とした手術です。これにより患者さんたちは女性としての自信を取り戻し、自らの人生と向き合いながら明るく前向きに生きていくことができます。「乳房再建手術」には、患者さんたちの“生活の質(Quality of Life=QOL)”を高める大きな意義があります。

NPO法人E-BeCは、乳がんを宣告され混乱のまっただなかにいる人や、乳房をなくした喪失感にとらわれている人に「乳房再建⼿術」について正しく知ってもらい、希望と⾃信を持って生きていくきっかけを提供することをめざして活動してまいりました。

昨今「乳房再建手術」をめぐる日本国内の環境は急速に変化しており、2012年3月には乳腺外科医と形成外科医が一堂に会してよりよい乳房再建⼿術の普及をめざす「日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会」が誕生。また2013年7月には、乳房再建に用いるラウンド型シリコンインプラントが保険治療の適用対象となり、2014年1月からは、より自然な形状のアナトミカル型シリコンインプラントも保険適用となりました。これにともなって「乳房再建手術」に対する関心も高まってきました。

最近ではメディアで「乳房再建手術」が紹介される機会も増え、手術について知る人も多くなりましたが、正確で網羅的な情報を得ることはまだまだ困難です。また手術を手がける医療機関や患者会の数が豊富な大都市部と、そうではない地方都市との情報量の格差も縮まっているとはいえません。

NPO法人E-BeCのミッションは、このような時代の変化を正しく見極めながら、いま患者さんたちが最も必要とする情報を広く提供していくことによって「乳房再建手術」への正しい理解を広げ、患者さんたちのQOLの向上に貢献するとともに、年間7万3千人近くが乳がんに罹患する現代女性のためにさまざまな活動を展開していくことにあります

●E-BeCのあゆみ

・2010年11月、E-BeCの母体となる「STPプロジェクト」(真水美佳、片野佐保、川島直子による異業種交流ワーキングチーム)で写真集『いのちの乳房』を発行。
・2012年7月、「エンパワリング ブレストキャンサー(E-BeC)」を設立し活動を開始。
・2013年1月25日、東京都より特定非営利活動法人(NPO)の認証を取得。

 (撮影・前田政昭)

●写真集『いのちの乳房』について

E-BeCは2010年11月、乳がん手術で損なわれた乳房を“乳房再建手術”で取り戻した女性たちがモデルとなった写真集『いのちの乳房-乳がんによる「乳房再建手術」にのぞんだ19人-』(撮影・荒木経惟、出版・赤々舎)を出版しました。

出版のきっかけは、E-BeC理事長の真水美佳が乳がんになりお腹の脂肪をドナーにした穿通枝皮弁による「乳房再建手術」で胸を取り戻したことでした。 それによって色々なことに前向きになった自身の経験を多くの方に知ってもらい、乳がんをきれいに治すことができるのだということを目に見える形で伝えたい・・・・。乳がんの告知を受け手術への恐怖を抱いている人たちや、手術で乳房の喪失や変形を余儀なくされた人たちにも、病気に立ち向かう勇気と希望を抱いていただくことができるはず、という私たちの思いを込めた写真集です。 ⇒メディアでの紹介の状況

 

   →写真集『いのちの乳房』サイトはこちら

●組織概要

名称:特定非営利活動法人 エンパワリング ブレストキャンサー/E-BeC
Empowering Breast Cancer/E-BeC

理事長:真水 美佳

所在地:〒152-0031 東京都目黒区中根2-4-9

設立目的:「乳房再建手術」への正しい理解と患者さんのQOL向上をめざして」という目標をかかげ、「乳房再建手術」に関する正確な情報を広く提供することを主軸に活動しています。

主な活動:
1.がん関連諸団体、医療機関、企業との情報交換やネットワークの構築
2.乳がんおよび乳房再建に関する啓発活動。
3.地域や学校、医療機関、企業等での講演会やシンポジウム、イベント等の開催を通じた教育活動。

役員および理事:
理 事 長:真水 美佳(リンパドレナジスト、NPO法人キャンサーネットジャパン認定 乳がん体験者コーディネーター)
副理事長:片野 佐保  フリーランスライター
理  事:植田 美津恵  医学博士・医学ジャーナリスト、首都医校(東京)教授
理  事:岡野 恵子  横浜市立大学特任講師(URA)
理  事:河野 早苗  ㈱アルボ北千束薬局管理薬剤師
理  事:香川 則子  順天堂大学医学部産婦人科 協力研究員、プリンセスバンク代表
理  事:西出   薫   医療法人社団青泉会下北沢病院 外来診療部長
理  事:藤井 恵
理  事:山名 敏子  山名リンパケア研究所代表
監  事:アマン礼子  社会科学博士、中医学栄養士

このサイトのコンテンツについて

このサイトは、医療に関するコンテンツを掲載しています。乳がんや乳房再建手術に関する各種情報や患者さん・医療関係者の談話なども含まれていますが、その内容がすべての方にあてはまるというわけではありません。治療や手術の方針・方法などについては、主治医と十分に相談をしてください。

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳がんに際して知っておきたい役立ち情報
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

Share

SHARE日本語部門公式サイト

SimplyPure

SimplyPure | 乳がん経験者のフォトサービス

写真絵本てくてくま

写真絵本てくてくま