「乳房再建手術」Q&A

乳がん手術を終えてから乳房再建手術を行う場合、少なくともどれくらいの時間をおくのがよいでしょうか。

◆いちど切開した傷が閉じた場所は、傷あとがまだ落ち着かないうちに再び切ると癒合しにくくなります。私の場合は、乳がん手術から半年間は間をおき、傷あとが安定するのを待ってから再建手術を行うようにしています。(岩平医師)

◆状況にもよりますが、乳がん手術から1年以上、放射線治療の終了から1年以上経過していることが理想的だと考えます。ただし1年以上経過していても、抗がん剤治療中の方やリンパ節への転移が数多く認められた方は局所再発の可能性を勘案する必要がありますので、この場合は形成外科医の判断ではなく、患者さんの主治医である乳腺外科医の所見や考え方を仰いだうえで待機期間を検討していきます。(佐武医師)

このサイトのコンテンツについて

このサイトは、医療に関するコンテンツを掲載しています。乳がんや乳房再建手術に関する各種情報や患者さん・医療関係者の談話なども含まれていますが、その内容がすべての方にあてはまるというわけではありません。治療や手術の方針・方法などについては、主治医と十分に相談をしてください。

最終更新日:2013.03.29.

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳がんに際して知っておきたい役立ち情報
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

Share

SHARE日本語部門公式サイト

SimplyPure

SimplyPure | 乳がん経験者のフォトサービス

写真絵本てくてくま

写真絵本てくてくま