「乳房再建手術」Q&A

乳房再建手術を受ける年齢的なリミットはありますか。高齢でも大丈夫でしょうか。

◆患者さんの平均年齢は40代ですが、65歳以上の方で穿通枝皮弁の手術を受ける方も大勢いらっしゃいます。私が手術を行った最高齢は80歳でした。多くは若いころに乳がんを経験された方々で、ハルステッド法といって大胸筋から脇の下のリンパ節まで広範囲に患部を切除する手術を受けている方が大半です。その場合は手術による皮膚や筋肉の欠損が大きく、インプラントによる再建が難しいため、自家組織による再建が適しています。
高齢であることがリスクとなる場合もありますが、日ごろから規則正しく健康的な生活を送っていて、大きな疾患がなく、全身麻酔がかけられる状態の方であれば問題ないと考えます。高齢者ほど入院日数が長くなるというデータは、少なくとも私たちのところでは把握してはいませんし、「きれいな胸を再建したい!」と強く望み、前向きに手術に臨まれる方ほど回復も早い傾向にあるようです。(佐武医師)

このサイトのコンテンツについて

このサイトは、医療に関するコンテンツを掲載しています。乳がんや乳房再建手術に関する各種情報や患者さん・医療関係者の談話なども含まれていますが、その内容がすべての方にあてはまるというわけではありません。治療や手術の方針・方法などについては、主治医と十分に相談をしてください。

最終更新日:2013.03.29.

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳がんに際して知っておきたい役立ち情報
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

Share

SHARE日本語部門公式サイト

SimplyPure

SimplyPure | 乳がん経験者のフォトサービス

写真絵本てくてくま

写真絵本てくてくま