脂肪幹細胞移植による乳房再建について

片野 佐保 片野 佐保
投稿日:2013年3月25日

3月23日の新聞やネットニュースが、鳥取大学病院が脂肪幹細胞による乳房再生の臨床研究に成功したことを一斉に報じていたのをご覧になった方も多いと思います。

脂肪幹細胞は、脂肪組織や血管になる能力を備えた細胞で、手術で欠損した部分に移植することで、新しい血管をつくりながらその部分に定着するため、乳房再建にも応用が進められてきました。ただ、これまではあまり詳しい情報がなく、乳房再建の手術例もほとんど報告されてこなかったことから、E-BeCでも踏み込んだご紹介をしてきませんでした。

そうしたなかで今日、脂肪幹細胞移植による乳房再建手術を手がける民間のクリニックを見学する機会を得ることができました。私たちもまったく知らないことばかりでしたが、このクリニックでもすでに150症例以上の乳房再建手術を手がけているそうなので、これをひとつのきっかけとして、脂肪幹細胞移植による乳房再建とはどういうものであるのか、手術経験者のお話なども交えながら、いずれ当サイトでもご紹介していくことができたらと思った次第です。

 

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳がんに際して知っておきたい役立ち情報
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

Share

SHARE日本語部門公式サイト

SimplyPure

SimplyPure | 乳がん経験者のフォトサービス

写真絵本てくてくま

写真絵本てくてくま