「乳房再建手術」Q&A

喫煙者は自家組織による乳房再建はできないと言われましたが、本当でしょうか。

◆手術で切られた皮膚や血管は、末梢血管の働きによって最終的にきれいに癒合します。しかしニコチンには末梢血管を縮小させ血行を悪くする作用があるため、喫煙者は手術の傷が癒合しにくくなります。傷がなかなか癒合しないことによる合併症が起きる可能性にも配慮する必要があります。
乳頭・乳輪の形成手術の場合も同様で、喫煙者は乳頭の先端まで血液がめぐりにくく、組織が死んでしまって形成した乳頭が取れてしまうこともあります。喫煙習慣のある方は、こうしたリスクについても充分説明を受けたうえで手術に臨むようにしてください。(岩平医師)

このサイトのコンテンツについて

このサイトは、医療に関するコンテンツを掲載しています。乳がんや乳房再建手術に関する各種情報や患者さん・医療関係者の談話なども含まれていますが、その内容がすべての方にあてはまるというわけではありません。治療や手術の方針・方法などについては、主治医と十分に相談をしてください。

最終更新日:2013.03.02.

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳がんに際して知っておきたい役立ち情報
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

Share

SHARE日本語部門公式サイト

SimplyPure

SimplyPure | 乳がん経験者のフォトサービス

写真絵本てくてくま

写真絵本てくてくま