卵子凍結保存

真水 美佳 真水 美佳
投稿日:2013年5月23日

E-BeCの理事が所長を務めるリプロセルフバンクに見学に行ってきました。
ここは卵子凍結保存を専門に行う日本で唯一のバンクです。

がん患者さんの中には、抗ガン治療によって生殖機能が衰え早期に閉経してしまい、子供を持つことをあきらめなくてはならい方が多くいらしゃいます。日本ではがん治療の前に医師から卵子凍結について説明を受けるケースまだまだ少ないと言えます。卵子凍結?受精卵凍結じゃないの?という疑問を持たれる方も多いと思いますが、以前と比べ凍結卵子から受精卵にする技術は格段に向上し、今では凍結卵子からの出産と受精卵からの出産に差がないことがわっているそうです。

がん治療の過程のなかで、残念ながらパートナーと別れるという場合もあります。そういったことを考えると受精卵凍結より卵子凍結のほうが有効です。また。結婚前にがんに罹った方にとって、事前に卵子凍結をすることによって将来に大きな自信と希望が持てます。
こちらはまだ保険適用になっていませんが、保険が適用されればもっと身近なものになるでしょう。
乳房再建と同様に卵子凍結保存も、がん治療の中の1つの選択肢として平等に情報が行き渡ることを願っています。

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳がんに際して知っておきたい役立ち情報
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

Share

SHARE日本語部門公式サイト

SimplyPure

SimplyPure | 乳がん経験者のフォトサービス

写真絵本てくてくま

写真絵本てくてくま