乳房再建手術最前線リスト
乳房再建医の声

「さまざまな術式をきちんと説明してくれる医師のもとを訪ねることが大切です」冨田興一医師

冨田興一(とみたこういち)大阪大学医学部附属病院 形成外科

術式 :
 ・自家組織 (主に広背筋皮弁、穿通枝皮弁)
 ・シリコンインプラント
 ・乳房縮小術に準じた乳房再建(温存再建)
連携病院  東豊中渡辺病院(金曜午後)
標準手術時間 :
 ・広背筋皮弁 2.5時間、 穿通枝皮弁 6~8時間
 ・エキスパンダー/インプラント挿入 各1時間
  ※脂肪注入併用の場合1.5時間
 ・乳房縮小に準じた再建 乳房温存手術+1~1.5時間
標準入院日数 :
 ・広背筋皮弁 2週間、 穿通枝皮弁 10日~2週間
 ・エキスパンダー挿入(一次再建)2週間、インプラント入れ替え 1週間
 ・乳房縮小に準じた再建 1週間
乳頭・乳輪形成 : 実施は再建手術の3カ月後以降が目安
  ※健側からの移植、局所の皮膚の立ち上げ(皮弁法)など

乳房再建手術の方法はどんどん進歩し多様化しています

ここ数年ほどの間に乳房再建手術の技術は格段に向上し、患者さんにとっても選択肢の幅が大きく広がってきました。複数の手術方法を組み合わせることもあり、本人が希望される手術方法以外にも、さまざまな選択肢を提示できるようになりました。

たとえば、私が最近力を入れるようになった「脂肪移植」は、従来は胸もとのへこみをなめらかにするなど、補助的に使われてきた方法ですが、胸が小さめの方なら、脂肪移植のみで再建できるケースもあります。人によって脂肪の生着率が異なるなどの課題はありますが、体に再び手術の傷をつけることがなく、自家組織での再建が難しい痩せ型の方でも脂肪の採取ならたいてい可能ですので、脂肪移植による再建はこれからひとつの潮流となっていくのではないかと思います。

いずれにしても、再建をお考えになる方たちには、多岐にわたる再建方法についてきちんと説明してくれる医師のもとを訪ね、信頼関係を結んだうえで手術に臨んでいただきたいと思っています。

まずは正しい理解から。乳房再建手術はいつでも受けることができます

インプラントの保険適用が始まり、再建を望まれる患者さんたちはますます増えています。メディアでの紹介や各地で開催されるセミナーなど、患者さんたちが情報を得る機会も広がり、なかには70歳を過ぎて「20年以上も再建できることを知らずにいた」といって来られる方もおられます。

ただ情報があふれている分、豊富に知識を身につけて来る人と、そうでない人の格差が開いているのを実感します。ほとんど知識のない方には、考えられる選択肢をできるだけ幅広く提示することから始め、豊富な知識を持っている人には、適切に情報整理を図りながら、その方に最も適した術式を一緒に絞り込んでいくように心がけています。

迷ってしまってすぐ結論が出せないという場合もあるでしょう。でも、乳がん手術が適切に行われてさえいれば、乳房再建はいつでも行うことができます。即断を焦る必要はありませんから、ゆっくりと二次再建の機会を考えるようにしてください。

技術レベルの向上こそが患者さんの期待に応えることにつながります

乳房再建は、出来上がりに対する患者さんの期待度がきわめて高く、形成外科医にとっても取り組みがいのある手術です。私たちもさらに技術レベルを高め、より美しく、より患者さんに負担の少ない手術を実現していくことが、患者さんたちの思いに応えていくことだと考えています。

最近では、3Dイメージング・プリンタを駆使した精度の高い型取り法を開発し、アメリカの形成外科学会でも反響をいただきました。これは穿通枝皮弁法で手術を行うにあたって、シリコンで患者さんの乳房の型を取り、その型に合わせて移植用の皮弁(脂肪組織)の形を整える方法をさらに進めたもので、コンピュータの3Dソフトで再建乳房のイメージデータを作成し、それをもとに3Dプリンタで樹脂製の型を出力する方法です。

3Dイメージ

 

穿通枝皮弁法は、高度に熟練した医師の勘と技術が必要とされる術式ですが、この方法なら採取する皮弁の量や血管の数を術前に正確に測ることができ、手術に要する時間がかなり短縮できるため、患者さんの肉体的負担の軽減につながります。3Dプリンタは人工骨などの分野への導入が進みつつありますが、軟部組織に用いる例はまだほとんどありません。型取りのコストも非常に安価なので、今後うまく普及を図ることで、穿通枝皮弁法の技術レベルの底上げにつながっていけばと期待しています。
(取材:2015年7月)

← 再建医一覧へ

名称 大阪大学医学部附属病院 形成外科
所在地 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2番15号
診察時間 火曜午前(初診) 木曜午前(再診)
休診日 土曜・日曜・祝日
TEL 06-6879-5111(代表)
URL http://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/departments/plastic_surgery.php
このサイトのコンテンツについて

このサイトは、医療に関するコンテンツを掲載しています。乳がんや乳房再建手術に関する各種情報や患者さん・医療関係者の談話なども含まれていますが、その内容がすべての方にあてはまるというわけではありません。治療や手術の方針・方法などについては、主治医と十分に相談をしてください。

広告(グンゼ)

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

Share

SHARE日本語部門公式サイト