ニュース

NY視察ツアー無事終了しました

2017年9月15日~20日の日程で、E-BeC×米国SHARE日本語プログラム主催、女性医療ネットワークのマンマチアー委員会の協力で乳がんNY視察ツアーを行いました。
参加したのは、乳がんの啓発活動やサポート行っているサバイバー16名。

SHAREのファンドレイジングパーティをはじめとして、ニューヨーク大学ランゴーン・メディカル・センターではDr. James Speyer, Dr. Deborah Axelrod, Dr. Julia Smithのほかコメディカルの方がたに病院内を案内していただきました。
American Cancer Societyでは米国国内はもとより、世界中から治療を受けに来る患者さんのための無料宿泊施設を見学し、ホテルのような素晴らしい施設がすべて寄附でまかなわれていることに驚きました。
同じく、ここでは患者さんのアピアランスケアを行っている団体
“look good feel better”の活動について担当者より説明を受けました。
他にも高齢者向けの病院が併設されているアシスタント・リビングの見学、そしてy4c(yoga for cancer)を主催しているTari Prinsterによるサバイバーヨガレッスンなど、多くのことを吸収し学んだ1週間でした。

こちらは地元の日系人向け新聞「週刊NY生活」に掲載された写真です。

このサイトのコンテンツについて

このサイトは、医療に関するコンテンツを掲載しています。乳がんや乳房再建手術に関する各種情報や患者さん・医療関係者の談話なども含まれていますが、その内容がすべての方にあてはまるというわけではありません。治療や手術の方針・方法などについては、主治医と十分に相談をしてください。

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳がんに際して知っておきたい役立ち情報
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

Share

SHARE日本語部門公式サイト

SimplyPure

SimplyPure | 乳がん経験者のフォトサービス

写真絵本てくてくま

写真絵本てくてくま