ニュース

1月17日(水) マンマチアー「がん専門薬剤師が解説します! 乳がんの薬物療法  ~正しい情報の理解のために知っておきたいこと~」@銀座

NPO法人女性医療ネットワーク「マンマチアー(Mamma Cheer)委員会」主催、2018年1月17日(水)の“チアー活動”のお知らせです。

戌年最初のマンマチアー チアー活動のテーマは、「がん専門薬剤師が解説します! 乳がんの薬物療法 ~正しい情報の理解のために知っておきたいこと~」です。

がん治療は、従来の抗がん剤、手術、放射線治療に加えて免疫療法が急速進歩しており、続々と新薬が登場しています。乳がん治療でも従来にない効き方をする薬が登場しました。
特に再発・進行乳がんでの薬の開発には力が注がれており、今後も急速に進歩していくと考えられています。確実に過去に比べて再発後の予後は延長してきているのです。

このがん薬物療法を熟知するのが、がん専門薬剤師という存在です。薬剤師の専門性を生かして、医師や看護師など多職種と連携して患者さんの治療をサポートする薬のスペシャリストです。

今回は、日本医療薬学会認定がん専門がん認定薬剤師 縄田修一さんに、最新のがん薬物療法の話題や正しい免疫療法の理解、そして薬剤師を活用することのメリットについて、お話いただきます。
縄田さんのお話は毎回大好評のため、今回でマンマチアー最多の4回目の登壇をお願いしました。

テーマ:「がん専門薬剤師が解説します!乳がんの薬物療法」 
      ~正しい情報の理解のために知っておきたいこと~
スピーカー:縄田 修一 先生
 (昭和大学横浜市北部病院 薬局・病院薬剤学講座 講師) 

【内容】
がん全体の薬物療法の進化の過程。乳がん領域でどのような新薬が登場し、生命予後にどのような成果を上げているかについて、お話いただきます。
また、チーム医療が根づくなか、患者に対して薬剤師の果たす役割も大きく変わってきました。
患者や家族にとってがんの薬物療法は、期待と同時に不安もついて回ります。
不安や疑問がきっかけで治療に迷いが生じる人も少なくありません。
そんなとき、「薬剤師に相談」することができます。
素人にとっては難解な薬物治療への理解が深まり、納得することが、前向きな治療につながるのです。
必要であれば薬剤師から担当医師へのフィードバックも可能など、
薬剤師の存在は実は患者にとても大きなメリットをもたらします。
がん専門薬剤師さんについてもお話していただきます。

★“チアー活動”は乳がんを体験した、していないにかかわらず、どなたでも参加できます。男性の参加、応援も大歓迎です。
★参加費無料。申込み不要。開始時間を過ぎて途中からの参加もOKです。

*************************************************************************************
■第88回 マンマチアー(Mamma Cheer)“チアー活動”
日  時:2018年1月17日(水) 開始18時半~20時20分 終了
場  所:対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座 
http://w-wellness.com/access.html のスタジオ。
住  所:東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7F
テーマ:「がん専門薬剤師が解説します!乳がんの薬物療法」 
      ~正しい情報の理解のために知っておきたいこと~
スピーカー:縄田 修一 先生
     (昭和大学横浜市北部病院 薬局・病院薬剤学講座 講師) 

このサイトのコンテンツについて

このサイトは、医療に関するコンテンツを掲載しています。乳がんや乳房再建手術に関する各種情報や患者さん・医療関係者の談話なども含まれていますが、その内容がすべての方にあてはまるというわけではありません。治療や手術の方針・方法などについては、主治医と十分に相談をしてください。

広告(グンゼ)

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

Share

SHARE日本語部門公式サイト