乳房再建手術最前線リスト
乳房再建医の声

「患者さんのライフスタイルに合った“生活しやすい胸”をつくること」

谷口 浩一郎(たにぐち こういちろう)
がん・感染症センター 都立駒込病院 形成再建外科 医長


術式:
 ・インプラント
・自家組織(穿通枝皮弁、広背筋皮弁) 

標準手術時間:
 ・エキスパンダー挿入  30~40分
・インプラント入れ替え 1時間
・穿通枝皮弁 4時間
・広背筋皮弁 2~3時間

標準入院日数:
 ・エキスパンダー挿入  1週間
・インプラント入れ替え 3泊4日
・穿通枝皮弁 1週間
・広背筋皮弁 1週間~10日

乳頭・乳輪再建の時期:
 インプラントの場合は、入れ替えと同時に乳頭形成
術式は主に皮弁の立ち上げ+タトゥー(タトゥーは乳頭形成の1ヵ月後)
自家組織の場合は再建の3カ月後以降(主に皮弁立ち上げ+皮膚移植で再建)

 

患者さんたちを生涯にわたって診ていくという思いで

乳房再建手術は、きれいに形を作れば終わりというものではありません。術後も定期的な診察を受けていただくことが大切で、我々も一人ひとりを生涯にわたって診ていくという気持ちで患者さんたちと向き合っています。特に心がけているのは、“生活しやすい胸”とはどういうものかを常に考えること。手術後の患者さんにはそれぞれの日常生活がありますから、じっくりと話し合いを重ねながら、個々のライフスタイルに適した乳房再建をめざしています。

患者さんの大半は、当院で乳がん治療から乳房再建手術までを受ける“一次再建”の方で、皆さん乳房再建を乳がん治療の一環としてとらえておられます。乳腺外科での診察を終えたその足で再建形成外科の外来に立ち寄ってもらうことも多く、ここで再建に向けた前向きな話をすることが、乳がん治療に伴うさまざまな不安の軽減に結びついていることを、形成外科医として日々実感しています。その意味で、乳房再建ががん治療の過程においてポジティブな要素となっているのは間違いありません。

相互の信頼と手術への納得が結果への満足度を高めます

都立駒込病院は日本における乳房再建のパイオニアともいうべき存在で、その礎を築かれたのが2005年に退任された坂東正士医師です。私は駆け出しのころにかろうじて坂東医師と同じ手術室に入ることのできた世代ですが、私の師匠である寺尾保信医師はじめ、当院の形成外科医は何らかの形で坂東医師の薫陶を受けています。

その姿勢を一言でいえば、何よりも患者さん第一主義であること。時間があれば病室に患者さんを訪ね、話をしておられた姿をいまも忘れることができません。何よりも患者さんを大切に思うこと。尊敬する先達たちが遺してくれた精神の継承者たることは、私自身がもっとも目指すところです。

外来では、どんな胸を作りたいかという希望を聞くだけでなく、日常生活のことから再建とは直接関係ない話題まで、実にバラエティに富んだ会話を交わすことができ、医師にとってもそれはとても楽しい時間です。話がはずみすぎて、肝心の診察を忘れかけたということもあるほど(笑)。でもそうして心理的な距離が近づくことは互いの信頼を強め、手術に対する患者さんたちの納得度を深めることにもつながります。

“二次再建”の存在を広く知らせていくことがこれからの課題

再建手術を受ける乳がん患者さんはここ数年で大きく増えました。しかし、他施設で乳がん切除術を受けた患者さんの乳房再建(二次再建)に際してヒアリングをしてみると、ここに来るまで乳房再建について何も知らなかったという方が少なくありません。乳房再建率が比較的高い東京でも、再建手術の存在を知らないまま乳がん手術を受けたという方まだまだ多いのが実情です。

これからの乳房再建手術の普及を考えていくうえで、二次再建の存在をもっと知らしめていくことは、現場にとっても重要な課題です。私たちも当院の乳腺外科と密接に連携している乳腺クリニックなどにお願いして、啓発用のパンフレットを配布するなどの努力を重ねており、乳がん切除から時間が経っていても乳房再建が受けられることを広く知らせていきたいと思います。

当院には、若手の形成外科医をしっかりと育成していく環境が整っています。若いうちから多くの手術と外来での診察を経験してもらい、一人前となって全国各地で活躍していってもらうことも、わが国の乳房再建全体の発展のために私たちが担っていくべき重要な使命だと感じています。
(取材:2019年7月12日)

→ 乳房再建医の声トップページへ

名称 がん・感染症センター 都立駒込病院
所在地 〒113-8677 東京都文京区本駒込三丁目18番22号
診察時間 水曜日午前
休診日 毎週日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
TEL 03-3823-2101(代) 03-3823-4890(予約専用)
URL http://www.cick.jp/keiseisaiken_special/index.html
このサイトのコンテンツについて

このサイトは、医療に関するコンテンツを掲載しています。乳がんや乳房再建手術に関する各種情報や患者さん・医療関係者の談話なども含まれていますが、その内容がすべての方にあてはまるというわけではありません。治療や手術の方針・方法などについては、主治医と十分に相談をしてください。

最終更新日:2019.09.26.

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

Share

SHARE日本語部門公式サイト

メールマガジン登録

メールマガジン登録はこちら