• 公開日2012.12.13
  • 最終更新日 2022.03.21

乳房再建医の声

「再建医の使命は患者さんのQOLを高めること」三鍋俊春医師

三鍋俊春(みなべとしはる) 埼玉医科大学総合医療センター 形成外科・美容外科教授

術式 : 自家組織(筋皮弁、穿通枝皮弁)、インプラント
連携病院 : 豊岡第一病院(埼玉県入間市)
新橋八九十会クリニック(東京都港区)
標準手術時間 : ティッシュエキスパンダー挿入 1時間
インプラントへの入れ替え 1~2時間、自家組織 3~8時間
標準入院日数 : ティッシュエキスパンダー挿入 1週間~10日間
インプラントへの入れ替え 3日間
自家組織 2週間
乳頭・乳輪形成 : 実施は再建手術の6カ月後以降が目安
※方法は、健側乳頭の移植、タトゥー、大腿部からの皮膚移植や軟骨移植による形成など

一次再建、二次再建それぞれに特徴は異なります

私は皮弁(自家組織)移植による再建外科を専門として、皮膚や筋肉、血管解剖などの見地から、安全で美しい皮弁移植の実現に努めてきました。乳房再建については形成外科の世界的な重鎮であるオーストラリアのメルボルン大学のテイラー教授に教えを受け、シリコンインプラントを含む美容的な豊胸や下垂した乳房の固定術、減量術、乳頭形成術なども学びましたので、手術にあたってはこれら一連の方法を取り入れて美しい胸の再建をめざしています。

手術法は、患者さんの希望や条件に合わせてもっとも適切な術式を選択します。私自身、以前は一度の手術で再建まで完成させる一次再建を行うことが多かったのですが、最近は乳がん手術と同時にティッシュエキスパンダーを入れ、その後に再建手術を行う一次的二期再建のほうが、患者さんにも医師にもメリットが多いと感じるようになりました。

なぜかというと、状況によっても異なりますが、私の場合はエキスパンダーが落ち着いて、手術の傷が癒えるのを待って再建手術を行うことが多く、再建完了まで早くて2~3カ月、通常6カ月の時間を置きます。したがって、この間に患者さんは初回の手術から落ち着き、再建手術の情報を集め、再建方法について熟考することができます。さらにわれわれ医師も、エキスパンダーを使うことで、自家組織ならどの部分の脂肪をどれくらい使えばいいか、インプラントなら何ccのものが適しているかなどがよくわかり、再建手術の具体的なシミュレーションを行うことができます。

また、乳房再建と並行して放射線照射や抗がん剤・ホルモン治療などが行われる場合もあり、これらの治療状況をみながら再建方法を考えていけるという利点もあります。

本当の意味のオーダーメイド手術をめざします

患者さんによって、時間的・肉体的負担が少ない一次再建(乳がん手術と同時に再建)のほうが適した方もおられますし、ティッシュエキスパンダーを希望されない方には使わない方法をとることもできます。いずれにしても、医師は医学的見地から、その患者さんに最も適していると考えられる手術方法をお勧めします。ただしそれは、必ずしも患者さんが理想とする方法ではないかもしれません。

たとえば腹部の脂肪移植を希望されても、スリムな体型の方だと脂肪が足りず、インプラントをお勧めすることもあり得ます。逆に乳房が下垂気味の方にインプラントを用いると、乳房の左右バランスはどうしても悪くなります。患者さんの体型や乳がん治療の状況、さらにはライフスタイルによって、その方に適した手術の方法は異なりますが、それが本当の意味での患者さん本位の“オーダーメイド”の治療なのだと考えます。

一昔前に比べると、乳房再建手術にも“整容性”、すなわち見た目の美しさがずいぶん問われるようになってきました。せっかく再建する以上、作ったバストがかっこよくなければ意味がありません。現代の形成外科は、戦傷者が受けた傷の復元を目的に確立し、技術的な発展を遂げてきました。持てる技術を駆使してできる限りきれいに再建し、患者さんのQOLを高めて再び社会に戻っていただくことが形成外科医に与えられた使命。その意味で、私たちの仕事に終着点はありません。
(取材:2012年8月)

連携病院の連絡先(両院とも、三鍋医師の診察予定日は事前に電話で確認してください)
 豊岡第一病院(埼玉県入間市) tel 0120-00-6495(形成・美容外科外来)
 新橋八九十会(はくとかい)クリニック(東京都港区) tel 03-3434-1114(形成外科・美容外科。10:00~18:00)

→再建医一覧へ

名称 埼玉医科大学総合医療センター
所在地 〒350-8550 埼玉県川越市鴨田1981番地
診察時間 三鍋医師:水曜日14:00~16:00 (予約は不要ですが、診察希望日が三鍋医師の不在日と重なる場合もあるので病院に電話で事前確認してください)
休診日 日・祝日・年末年始
TEL 049-228-3636(形成外科外来受付。月~土曜日 8:30~17:00)
URL http://www.saitama-med.ac.jp/kawagoe/

このサイトは、医療に関するコンテンツを掲載しています。乳がんや乳房再建手術に関する各種情報や患者さん・医療関係者の談話なども含まれていますが、その内容がすべての方にあてはまるというわけではありません。 治療や手術の方針・方法などについては、主治医と十分に相談をしてください。

E-BeCを支援するE-BeCを支援する

今、不安の真っただ中にいる患者さんに希望を。
あなたのご支援がE-BeCの活動を支えています。

有料個別相談をご希望の方へ有料個別相談をご希望の方へ

あなたはひとりじゃない。
ひとりで悩まず、一緒に考えていきましょう。

メールマガジンの登録はこちらメールマガジンの登録はこちら

E-BeCから乳房再建や乳がんに関する役立ち情報、
セミナーのご案内をいち早くお届けします。

ページトップへ