「乳房再建全国キャラバン」の実績

《第2回 E-BeC特別セミナー in 東京・銀座》

自家組織とシリコンインプラントによる
乳房再建手術のすべてをお教えします

第2回目となった「E-BeC特別セミナー」では、乳房再建手術における代表的な2つの術式である「自家組織」を用いた再建と「シリコンインプラント」による再建の両方をテーマに、横浜市立大学附属市民総合医療センター形成外科部長の佐武利彦医師、ブレストサージャリークリニック院長の岩平佳子医師という両分野の第一人者を講師にお迎えし、東京・銀座の時事通信ホールにおいて約200名の参加者を集めて開催しました。
ほかにも、米国乳がん・卵巣がん患者団体SHAREの日本語部門代表であるブロディー愛子さんによる、アメリカの乳房再建事情に関する講演、再建手術経験者9名の胸を実際に見て触れることのできる「体感会」など、参加者には乳房再建について具体的かつ幅広い知識を得ていただく機会となりました。体感会と並行して行った両講師への質疑応答もたいへんに盛り上がり、乳房再建に対する関心が高まっている状況を感じさせるものとなりました。

日 時    : 2016年3月27日(日)13:00~16:30
場 所    : 時事通信ホール
       〒104-8178 東京都中央区銀座5-15-8
参加費    : 1000円(資料代)
参加者    : 計183名
対 象    : 乳がん患者さんとその家族および一般の方
主 催    : NPO法人エンパワリング ブレストキャンサー
協 賛    : アラガン・ジャパン株式会社
助 成    : 日本イーライリリー株式会社
寄 付    : サノフィ・ジャパングループ
ブース出展  : 株式会社アクアビジョン、株式会社アークライフ
        グンゼ株式会社、ザイコア・インターナショナル・インク
        プリンセスバンク株式会社、株式会社マエダモールド
        QOL総合研究所 (50音順)
協 力    : 株式会社カミツレ研究所、越屋メディカルケア株式会社
      株式会社ジャンパール、常盤薬品工業株式会社 (50音順)
後 援    : 東京都

《プログラム》

第1部
・講演① 『乳がんを美しく治す【自家組織による乳房再建】』
      横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科部長 佐武 利彦
・講演② 『これからの乳房再建 人工物を中心に』
      医療法人社団ブレストサージャリークリニック 岩平 佳子
・講演③ 『患者から見たアメリカの乳房再建』
      米国乳がん・卵巣がん患者団体SHARE日本語プログラム代表 ブロディー 愛子

第2部
・体感会:再建手術をした胸を実際に見て触れてもらう
 (自家組織、シリコンインプラント、BRAVA等9名の再建経験者)
・医師への質疑応答
・ブース展示

 

《講演・質疑応答の様子》

P_20160327_133339 P_20160327_134022 P_20160327_154454

《ブース展示》

_IGP5879_IGP5885 

→ 「乳房再建全国キャラバン」topへ戻る

このサイトのコンテンツについて

このサイトは、医療に関するコンテンツを掲載しています。乳がんや乳房再建手術に関する各種情報や患者さん・医療関係者の談話なども含まれていますが、その内容がすべての方にあてはまるというわけではありません。治療や手術の方針・方法などについては、主治医と十分に相談をしてください。

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

メールマガジン登録

メールマガジン登録はこちら

Share

SHARE日本語部門公式サイト