「乳房再建全国キャラバン」の実績

《第8回乳房再建全国キャラバンin福岡》

8回目となる「乳房再建全国キャラバン」は、九州では初めてとなる福岡市で開催。講師には、乳腺外科医である久留米総合病院院長の田中眞紀先生、ならびに地元福岡市で長らく乳房再建手術を手がけてこられた矢永クリニック院長の矢永博子先生をお迎えし、120名を超える参加者を集めることができました。

日  時 : 2016年7月24日(日)13:00~16:30
場  所 : エーザイ福岡コミュニケーションオフィス会議室
      〒810-0004 福岡市中央区渡辺通4-1-36  Bivi福岡6F
参 加 費 : 500円(資料代)
参 加 者 : 計124名
対  象 : 乳がん患者さんとその家族および一般の方
主  催 : NPO法人エンパワリング ブレストキャンサー
助  成 : 公益財団法人正力厚生会
寄  付 : サノフィ・ジャパングループ
ブース出展 : グンゼ株式会社、株式会社マエダモールド
協  力 : 株式会社カミツレ研究所、越屋メディカルケア株式会社
サノフィ㈱、株式会社ジャンパール、ヒロコサイエンス
後  援 : 福岡県

《プログラム》

第1部
講 演① : 独立行政法人地域医療機能推進機構久留米総合病院院長 田中眞紀 先生
     「乳房切除を悩まなくてもいい。いつでも乳房再建できます。」
講 演② : 矢永クリニック院長 矢永博子 先生
     「乳房再建のアップデイトと“ききたい健康と美容のお話”」

第2部
・体感会:再建手術をした胸を実際に見て触れてもらう
 (自家組織、シリコンインプラントで再建した14名の再建経験者)
・医師への質疑応答
・ブース展示

《講演の模様》

会場2会場1会場3

《ブース展示》

ブース1ブース2

《メディア紹介》

西日本新聞告知 西日本新聞2016年6月18日

西日本新聞記事 西日本新聞2016年7月9日

西日本新聞 西日本新聞2016年7月10日(広告)

情報ファイル 「乳がん治療と乳房再建の情報ファイル」

がんなび 「がんナビ」

FCSC 「福岡がんサポートセンター」

→ 「乳房再建全国キャラバン」topへ戻る

このサイトのコンテンツについて

このサイトは、医療に関するコンテンツを掲載しています。乳がんや乳房再建手術に関する各種情報や患者さん・医療関係者の談話なども含まれていますが、その内容がすべての方にあてはまるというわけではありません。治療や手術の方針・方法などについては、主治医と十分に相談をしてください。

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

メールマガジン登録

メールマガジン登録はこちら

Share

SHARE日本語部門公式サイト