受精卵あるいは卵子凍結

真水 美佳 真水 美佳
投稿日:2013年4月16日

先日、手術経験者の声でインタビューさせていただいた方は、31歳の時、結婚式の2週間前に乳がんとわかった方でした。その時に思ったのは結婚のことはもちろん、子どもをもてるかということ。 主治医の先生から、受精卵凍結の話を聞いて手術が終わり治療が始まる前に受精卵凍結を行ったそうです。その後、 乳房再建も終えて仕事やボランティア活動を積極的にしていらっしゃる今の姿は、キラキラと輝いてまぶしいくらいでした。

抗がん治療を行うことにより、生殖機能が低下し妊娠が難しくなることがあります。若年性乳がん患者さんも最近では増えてきているので、こういった問題に直面する方も増えてくるのではないかと思います。これから結婚・出産を考える方の参考となれば幸いです。

インタビュー記事は近日中にHPで公開の予定です。

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳がんに際して知っておきたい役立ち情報
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

Share

SHARE日本語部門公式サイト

SimplyPure

SimplyPure | 乳がん経験者のフォトサービス

写真絵本てくてくま

写真絵本てくてくま