ニュース

10月18日 マンマチアー「最新の乳房再建:乳房インプラントから脂肪幹細胞移植まで」@銀座

■第87回 マンマチアー(Mamma Cheer)“チアー活動”
日  時:2017年10月18日(水) 開始18時半~20時20分 終了
場  所:対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座 http://w-wellness.com/access.html
のスタジオ。
住  所:東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャスビル7F
(別紙、会場地図をご参照ください。)
テーマ:『最新の乳房再建 : 乳房インプラントから脂肪幹細胞移植まで』
スピーカー:浅野裕子先生(亀田総合病院 乳腺科部長 形成外科医(乳房再建担当))
【内容】 
乳房再建法には、大別すると、自分の腹部や背部から脂肪や筋肉とひとかたまりにして移植する「自家組織再建法」と、もうひとつはシリコンインプラントを用いた「人工物再建法」のふたつがあります。
乳房再建は、これら2つから選んでいくことになりますが、実際は自家組織とインプラントを両方組み合わせる再建法があったり、脂肪注入などをインプラントと併用したりする場合もあります。また再建の回数も1回で終わる場合と、テイッシュエキスパンダーを使って2回に分けて行う場合とがあります。
これまで自家組織再建は保険適用されていたものの、シリコンインプラントは長い間、保険適用がなく自費診療としてでおよそ60-100万円がかかる方法でした。しかし、2013年以降は保険適用での治療が可能となりました。
 乳房インプラントでの再建数は増え、これまで乳房再建をためらっていた人も保険治療が可能ならやりたいと希望する人が全国の医療期間で増加しています。
乳房インプラントが保険適用になった今、乳房再建手術の基本的なことから、また先生が長く携わってきた脂肪幹細胞移植を利用した乳房再建まで、最新の情報をわかりやすく解説していただきます。
これから乳房再建を受ける方はもちろん、すでに受けられた方も、ぜひ知っておくと役立つお話です。最後には質問タイムをたくさんとって、浅野先生にみなさんの迷っていること、聞きたいことなどにお答えいただきます。ぜひ、お誘いあわせのうえ、お越しください。

このサイトのコンテンツについて

このサイトは、医療に関するコンテンツを掲載しています。乳がんや乳房再建手術に関する各種情報や患者さん・医療関係者の談話なども含まれていますが、その内容がすべての方にあてはまるというわけではありません。治療や手術の方針・方法などについては、主治医と十分に相談をしてください。

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳がんに際して知っておきたい役立ち情報
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

Share

SHARE日本語部門公式サイト

SimplyPure

SimplyPure | 乳がん経験者のフォトサービス

写真絵本てくてくま

写真絵本てくてくま