乳房再建手術最前線リスト
乳房再建医の声

「患者さんが安心して乳がん治療と向き合うために「乳房再建手術」があります」安永能周医師

安永 能周(やすなが よしちか) 信州大学医学部 形成再建外科学講座助教

術式 : インプラント、穿通枝皮弁、広背筋皮弁
連携病院 : 相澤病院(松本市)、安曇総合病院(池田町)、浅間総合病院(佐久市)
標準手術時間 : ・エキスパンダー/インプラント挿入 1~2時間
          ・穿通枝皮弁 8~12時間、 広背筋皮弁 5~6時間
          ※穿通枝皮弁による手術を希望する人は、
           「乳房再建MT式計量システム」による手術を選択することも可能。
標準入院日数 : ・エキスパンダー/インプラント挿入 数日~1週間
          ・穿通枝皮弁/後背筋皮弁   10日~2週間
乳頭・乳輪形成 : 実施は乳房再建手術の3カ月後が目安。
          ※方法は、皮弁法(乳頭部分の皮膚を切って立体的に持ち上げる)
           または健側乳頭からの移植

医療の地域差をつくらないためにも
全国水準の乳房再建手術を常にめざします 

シリコンインプラントの保険適用が始まり、乳房再建を希望する患者さんの選択肢も大きく広がりました。その一方で、あふれる情報をうまく消化できず、混乱している患者さんも増えています。とりわけ、乳がんと診断されたばかりの患者さんは、治療方針を決めるだけでも頭がいっぱい。乳房再建のことで患者さんたちが必要以上に悩まなくてもすむように、情報をきちんと交通整理して提示すること、そして一人ひとりと時間をかけて話し合い、最適な再建方法を見つけていくことがわれわれ乳房再建医の重要な役割です。 

私の場合、おおよその手術方針を決めるまで、初診の段階で患者さんとの話し合いに1時間はかけるようにしています。色々な術式について説明することにはじまり、一次再建であれば乳がん治療の状況、自家組織による再建なら組織を採取する部分の状態、さらに患者さん自身の意思や希望、ライフスタイルなど、多くの要素をバランスよく勘案し、手術の方法や実施タイミングなどを患者さんと一緒に歩きながら考えていくようなイメージといえばいいでしょうか。満足度の高い再建手術を実現するためにも、このプロセスはとても大切なものだと考えています。 

また私自身、手がける術式に得意不得意があっては患者さんの選択肢を狭めてしまうことになりますから、あらゆる術式について常に一定レベル以上の手術を行い続けられるよう自己研鑚を怠ることはできません。長野県には、乳房再建手術を行える施設は決して多くはありませんが、同じ病気で同じ治療を行う以上、大都市部の病院に負けないレベルの手術を提供していくという気概をもって取り組んでいます。  

乳房再建をしてもしなくても
乳がん患者さんが笑顔で暮らせる社会であるために
 

私は、乳房再建手術の本来の存在意義は、患者さんが安心して乳がん治療と向き合えるようにすることにあると考えています。「乳房を失っても再建できるのだから、まず乳がん治療に専念しよう」と思う、その気持を支えるのが乳房再建手術です。そのときには、「乳房再建は決して必須ではない」ということもきちんと患者さんにお伝えすることが乳房再建医の大きな役割のひとつだと思っています。 

乳がん患者さんのなかには、乳房を全摘したら必ず再建するものと思い込んでいる方が実は少なくありません。しかし現実には、がんのタイプやがん治療の経過によっては乳房再建ができない患者さんもおられます。乳がんになっても、希望すればきれいな乳房を取り戻すことができる。しかし再建を選ばなくても、手術後の人生を笑顔で暮らしていける――。乳房再建をめぐっては、皆がそんな認識を持てる世の中であることが理想ではないでしょうか。 

女性の12人に1人が乳がんに罹患する現在、社会がめざすべきゴールは、乳がんの早期発見の機会を広げ、乳がんで命を落とす女性を減らすことです。「がんが見つかると怖いから・・・」と乳がん検診を避ける人はまだまだ多いのですが、乳房再建手術のことを知れば検診のハードルも大きく下がることでしょう。その意味で、形成外科医にとって乳房再建手術は、患者さんの生命にかかわる領域に携われる意義深い仕事でもあるのです。だからこそ再建を希望する患者さんにはとことん向き合い、自分が持てる最高の技術を提供していきたいと思っています。

(取材:2014年5月31日)

← 再建医一覧へ

名称 信州大学医学部附属病院形成外科
所在地 〒390-8621 長野県松本市旭3丁目1番1号
診察時間 ●信州大学医学部附属病院(松本市):毎週木曜日午前、毎月第2・4水曜日午前(要予約)。●相澤病院(松本市):毎月第2・4水曜日午後 ※手術は一次再建のエキスパンダー挿入のみ。皮弁、インプラントへの入れ替え手術は信州大病院で実施。●安曇総合病院(池田町)毎週火曜日午後 ※診察のみ。手術は信州大病院で実施。●浅間総合病院(佐久市):不定期(手術の指導) ※毎月第1・3・5木曜日にがん研有明病院(東京)の宮下宏紀医師の乳房再建外来
休診日 土曜・日曜・祝休日・年末年始
TEL 0263-37-3500 外来予約センター 
URL http://wwwhp.md.shinshu-u.ac.jp/
このサイトのコンテンツについて

このサイトは、医療に関するコンテンツを掲載しています。乳がんや乳房再建手術に関する各種情報や患者さん・医療関係者の談話なども含まれていますが、その内容がすべての方にあてはまるというわけではありません。治療や手術の方針・方法などについては、主治医と十分に相談をしてください。

最終更新日:2014.07.18.

E-BeCサブメニュー

  • 乳房再建手術をわかりやすく解説『乳房再建Hand Book』
  • 各地へじかに情報をお届けします 乳房再建全国キャラバン
  • 乳がんに際して知っておきたい役立ち情報
  • 乳房再建に関するアンケート調査報告書
  • アラーキーが撮影写真集『いのちの乳房』
  • E−BeCスタッフブログ

Facebookページ

Share

SHARE日本語部門公式サイト

SimplyPure

SimplyPure | 乳がん経験者のフォトサービス

写真絵本てくてくま

写真絵本てくてくま