手術についてはもちろん、術後の生活や下着のことなども、遠慮なく相談して欲しい

奥村誠子(おくむらせいこ)
愛知県がんセンター病院 形成外科 医長

術式:
・自家組織(穿通枝皮弁 ドナーは腹部、広背筋皮弁)
・インプラント
標準手術時間:
・自家組織 穿通枝皮弁 8時間、広背筋皮弁 6時間
・インプラント
乳がん手術と同時の場合:2時間
そのほかの場合:エキスパンダー挿入 2時間弱
インプラントへの入れ替え1~2時間
標準入院日数:
・自家組織、インプラントとも約2週間
乳頭・乳輪再建の時期:
・再建手術の1年後

同姓として、悩みに寄り添いたい

専門医として乳房再建に携わるようになったきっかけは、前任の病院で「乳房再建は、患者さんの気持ちが分かる女医に向いているのでは」と勧められたこと。当時は、形成外科分野全般をオールマイティに担当したいという想いがあったのですが、実際に乳房再建を中心に関わり始めると、その奥深さに魅了され、やりがいを感じるようになりました。

男性医師であっても、過去の患者さんの事例や、女性の看護師さんのご意見などを交えて、しっかり患者さんに向きあい、アドバイスしてくださいますので、治療において男女差はありません、それでも下着のことや生活上の不安など、本当にちょっとしたことで、「こんなことお医者さんに聞いていいのかな」と患者さんが思いがちなところは、同性として共感できますし、先回りして患者さんの想いを汲み取ったり、自らの実体験に重ねて答えることができるということは、女性医師ならではの良い点かなと思っています。

初診は30分以上かけて個別相談

術式選択の考え方は人それぞれですので、患者さんご自身が納得して決めることが大切です。深く考えるにあたってのヒントになればと、術式決定までは少なくとも2回、診察を行うようにしています。特に初診では30分以上かけて希望を伺い、できるだけたくさんの質問にお答えしています。術式を選択するにあたっては、がんの治療方針のみならず、体型やライフスタイルにも左右されます。患者さん個々の事情に合わせておすすめできる術式をご紹介し、納得度を高めてから乳房再建を決断いただくことを重視しています。

進行がんや放射線治療済みの患者さんでも再建をあきらめないで

愛知がんセンターでは、乳腺外科との連携のもと乳房再建に関するDVDを制作しました。DVDでは、乳房再建についての概要や実際の症例写真、合併症のリスクなどを詳しく解説し、乳房切除を予定している患者さんには必ず見ていただくようにしています。こうした取り組みもあり、形成外科を受診される時点では、おおよそ乳房再建の概要はご理解いただいているので、再建を希望する患者さんとはスムーズにお話を進めることができます。

時々、進行がんの患者さんや放射線治療を受けられた患者さんが、「再建しなくてもいい」とおっしゃることがあります。もちろん乳房再建術が、乳がん治療を邪魔するようなことがあってはいけませんが、乳がん治療と並行して再建を検討するなど、ぜひ乳がん治療の初期の段階から形成外科医に相談していただきたいと思います。

合併症の起こりにくい安全な術式を選択

乳房再建は、「生きていく」ことだけを考えると、必須の手術ではありません。でも、QOLの向上という観点では、乳房が無いことを引け目に感じたり、乳房が無いという事実を隠そうとしている患者さんには、そのストレスから解放されてほしいと願います。

乳房再建には、整容性という大事な要素もありますが、私が医師として何より大切にしていることは、「合併症を減らしたい」ということ。乳房再建術では年々術式が進化しており、時代の流れに沿ってそれらを取り入れることももちろん大切です。でもまずは合併症が起こりにくい術式を選択するようことを最優先に心がけています。術式の進化や安全性の向上とともに、今後は多様な価値観やニーズに対応できるよう、ますます腕を磨いていきたいですね。

(2021年10月 オンライン取材)

 

第15回 2021年11月7日 E-BeCオンラインセミナー「乳がん手術後の再発について」

第15回E-BeCオンラインセミナー【乳房再建手術Hand Bookシリーズ】「乳がん手術後の再発について」を開催しました。

講師は、『乳房再建手術Hand Book』を乳腺外科のお立場から監修してくださった 聖マリアンナ医科大学病院 乳腺・内分泌外科教授の津川浩一郎先生。

がんを経験者すると常に再発・転移の心配あります。
津川先生からは、乳がんの基本から再発や遠隔転移の最新の治療までを、参加者の質問に回答いただきながら詳しくお話しいただきました。

《概 要》
日 時:2021年11月7日(日)12:00~13:30
講 師:聖マリアンナ医科大学病院 乳腺・内分泌外科教授 津川浩一郎先生
参加費:1000円
参加者:計101名
対 象:乳がん経験者、医療従事者、乳がん治療に関心のある方
協 力:ティーペック株式会社

≪オンラインセミナーの様子≫

第14回 E-BeC特別ライブイベント「これってもしかしてリンパ浮腫?~予防から外科治療まで、あなたのモヤモヤ解消します~」

第14回E-BeCオンラインセミナー【乳房再建手術Hand Bookシリーズ】「これってもしかしてリンパ浮腫?~予防から外科治療まで、あなたのモヤモヤ解消します~」を開催しました。

リンパ浮腫の最先端の治療を行っている 亀田総合病院/亀田京橋クリニック リンパ浮腫センター長 林 明辰先生と、2名の医療リンパドレナージセラピストの先生が、参加者の質問にライブでお答えくださいました。

術後に上肢や下肢にリンパ浮腫を発症したり、また違和感やダル重さを感じている人は決して少なくありません。専門医が少なく見過されてしまうこともあります。
今回は予防や治療、セルフケアについて参加者からの質問にひとつづつお答えいただきました。

《概 要》
日 時:2021年10月3日(日)12:00~13:30
講 師:亀田総合病院/亀田京橋クリニック リンパ浮腫センター長 林 明辰先生
医療リンパドレナージセラピスト 金子真紀代先生、沼口友美先生
参加費:1000円
参加者:計84名
対 象:乳がん・婦人科がん経験者、医療従事者、リンパ浮腫に関心のある方
協 力:ティーペック株式会社

≪オンラインセミナーの様子≫

第13回 2021年9月5日 E-BeCオンラインセミナー「人工物再建最新事情」

第13回E-BeCオンラインセミナー【乳房再建手術Hand Bookシリーズ】「人工物再建最新事情」を開催しました。

講師は人工物(シリコンインプラント)再建の第一人者 ブレストサージャリークリニック院長 岩平佳子先生。

人工物による乳房再建の歴史から、2019年のアラガン・クライシスまでどのように変わっていったか、アラガン社、シエントラ社のインプラントの特徴、放射線照射と乳房再建、被膜拘縮についてなどについて多数の症例写真を用いて、初めて聞く人にもわかりやすくお話してくださいました。

《概 要》
日 時:2021年9月5日(日)12:00~13:30
講 師:医療法人社団ブレストサージャリークリニック 院長 岩平佳子先生
参加費:1000円
参加者:計74名
対 象:乳がん経験者、医療従事者、乳房再建に関心のある方
協 力:ティーペック株式会社

≪オンラインセミナーの様子≫

毎年のマンモグラフィ検診で問題なし 違和感を感じて受診し、高濃度乳房と告げられた

京都府 YYさん(50代)

 

 

 

 

 


手術方式
:「二次二期再建」

・乳がん手術
2018年12月 左乳房全摘手術(皮下乳腺全摘/乳頭乳輪切除)
2019年1月 皮膚の追加切除
執刀 足立乳腺クリニック(旧沢井記念乳腺クリニック) 新藏信彦先生
・乳房再建手術
2019年3月 エキスパンダー挿入
2020年3月 インプラントに入れ替え (ラウンド型スムースタイプ)
2021年1月 脂肪注入により修正
執刀 京都府立医科大学 形成外科 素輪善弘先生
・乳頭乳輪再建手術
2021年3月 乳頭再建(皮弁立ち上げ)
2021年5月 タトゥー
2021年6月 タトゥー仕上げ
執刀 京都府立医科大学 形成外科 素輪善弘先生

術前治療:なし
術後治療:ホルモン剤(タモキシフェン)5年間(服薬継続中)

セルフチェックで違和感を感じ、すぐに乳腺外科を受診

私は、毎年マンモグラフィで乳がん検診を受けていたので「乳がんにはならないだろう」と思っていました。それまで、家事に仕事にと忙しく、乳房のセルフチェックをしたことはなかったのですが、2018年8月ごろ、たまたまセルフチェックをしたところ左胸に違和感を感じました。

「毎年マンモグラフィしているから大丈夫」と思ったのですが、なんとなく気になって近くの病院に行ったところ、すぐに乳腺外科を紹介されました。そこでマンモグラフィでは写らない、高濃度乳房(デンスブレスト※)だと言われ、「がんが乳房全体に広がっているので全摘しなければいけない」と言われました。

※高濃度乳房(デンスブレスト)についてはこちら

乳がんの診断を受け、はじめて「死」を意識、恐怖と覚悟を行ったり来たりし自身の心の弱さと強さを繰り返し感じました。この先、自分がどうなるのかわからない状況だったので、大学生だった娘にはなかなか言えませんでしたが、手術の1か月前にようやく手術することを伝えました。

当時、私は仕事・プライベートでいろいろと大変なことがあり、そんななか乳がんになってしまったので、娘が「ママがしんどいときに、近くにいて気づかなくてごめんなさい」と泣きながら言ってくれたので、治療をがんばろうと思いました。
その言葉を思い出すと今でも感謝の気持ちでいっぱいになります。

「切除したらまた走れるよ」先生の言葉に勇気づけられた

私は趣味でランニングを12年ぐらい続けており、毎年フルマラソンに参加しています。乳がんが見つかった2018年12月にホノルルマラソン、年明けに京都マラソン、名古屋ウィメンズマラソンの予定を入れていたので、先生に「ホノルルマラソンを走らせてほしい。ホノルルマラソンが終わってから手術をさせてください」とお願いしたところ、先生は私の希望を快く聞いて対応してくださいました。

そのときは乳がんが悪性なのか良性なのか、術後マラソンを続けられるのかがわからなかったので、とにかくホノルルマラソンを走りたかったのですが、先生は「切除したら、また走れるから大丈夫」と勇気づけてくれました。手術後も走れるというのがうれしくて、京都マラソン、名古屋ウィメンズマラソンが終わってから今後のことはゆっくり考えようと思うことにしました。

手術は、左乳房を全摘し、皮膚の追加切除をしました。まずは悪い部分を切除して、病理検査の結果を聞いてからその後のことを考えればいいかなと思いました。そのときは生きるか死ぬかわからなかったし、病気が今後どうなるかわからなかったので、胸を再建するなんてまったく考えられませんでした。

再建しようと思ったきっかけは、マラソンをしているときの不便さ。片方の胸がないとブラジャーが上がってきてしまい、走りながらブラジャーを調整しないといけないんです。そして、ゴルフや水泳、フィットネスクラブで着替えるときも、こそこそと隠れなくちゃいけない。

「やっぱり胸を再建しなければいけないな」と思い、自家組織とインプラントのどちらがよいかと主治医に相談したところ、主治医は、「運動するのであれば、海外のスポーツ選手はインプラントを入れている人が多いから、まずはインプラントでやってみたら」とおっしゃいました。自家組織だと、お腹も切らなければいけないし、治るのにも時間がかかるからと言われたので、インプラントで再建することにしました。

2019年3月にエキスパンダーを入れ、その年の10月にインプラントの手術が決まっていたのですが、アラガン社のインプラントリコール問題があり、手術の前日に主治医より電話をもらい「こういう状況だから、手術をやめておきましょう」と言われました。手術はそのまま行われるものだと思っていたので「エキスパンダーが入っているのに」という気持ちでしたが、なるようにしかならないと延期することを決めました。

私はエキスパンダーが入っている胸を気に入っていて、これでもいいと思っていたぐらいです。ただ、いずれは入れ替えなければいけないので、保険対象外のものでもいいと思っていたのですが、先生からの連絡を待って、2020年3月に入れ替え手術を行いました。

乳がんになって自分を見つめ直した。これからの人生を大事に生きていきたい

私は女性と関わる仕事をしていることもあり、2014年から毎年、ピンクリボンキャンペーン活動とイベントを行い、認定NPO法人乳房健康研究会に売上金の一部を寄付しています。こういう活動をしていたにもかかわらず乳がんになったので「検診に行っていたのに」という思いがずっと自分の中にあります。なので、この活動では「マンモだけじゃなくエコーも一緒に受けようね」と話しています。自分が乳がんになったことで、これまでとは違うアドバイスができるようになりました。

先日、東京にいる娘と熱海旅行に行き、温泉で再建した乳房を見てもらいました。乳頭ができたから温泉にも気兼ねなく行けるように。
乳頭がないときは、インプラントで再建した乳房に対して「こんなん、なくてもいいかな」と思っていました。泳ぐときもごろんごろんとインプラントが動いて違和感があるんです。「インプラントを入れたまま、一生過ごすのか・・・」と思った時期もありましたが、乳頭ができたときに「うわぁ~すごい!」と感激しました。
主治医に作ってもらった乳頭があまりにも素晴らしいので、「先生って頭も賢いし、乳房も再建してくれるし、縫い物(吻合手術)もできるし、タトゥーのようなアートもできるし、天才やね!」と言ったら、先生は笑っていました。私のためにいろいろアドバイスをしてくださる、いい先生に出会うことができました。

いま、左側にはラウンド型のインプラントが入っていて丸く、右側は自然と下垂していく。どうしても左右差があるし、左側を触ったら冷たい。もし今後、再建技術がどんどん進んでナチュラルな乳房が再建できるなら、インプラントを脂肪注入か自家組織で再再建してみたいとも思っていますし、今、主治医が研究されている、インプラント等に代わる乳房再生医療がもっと進み、高い安全性と生着率が期待できる脂肪組織で乳房を再建することができたら、こんなに幸せなことはないですよね。

私自身、乳がんになったときに不安と心配でいっぱいになり、治療のことで精一杯で再建のことは考えられませんでした。でも、乳がんになったからといって人生が終わるというわけではなく、そこからまた新しい生活が始まります。一人の人間、一人の女性として美しく輝いて生きていけるようなきっかけが大事だと思います。乳房再建は私にそのきっかけを与えてくれました。今後、全国の医療施設で乳がんの治療だけではなく再建手術にも力を入れてもらって、患者さんには乳がん治療と同時に再建手術についても知ってもらえるような環境ができたらうれしいです。

私は乳がんになったことで、自分を見つめ直すことができました。これからの人生を大事に生き、がんばろうと思いました。年齢をどんどん重ねていくけれど、胸を再建したことで女性らしくいられるのだと感じています。

二人に一人ががんになる時代、乳がんになったからといって落ち込まずに乳房再建という選択肢があるということを知って、自信をもって生きていってほしいと思います。

(オンライン取材:2021年7月)

→ 手術経験者一覧へ